バラ(色分け花図鑑)

バラ 色分け花図鑑

 

今回は学研の 「バラ(色分け花図鑑)」 を

ご紹介します。

 

ページ数:208p

寸法:21 x 15 x 1.2 cm

 

 

概要

 

こちらの本は、A5サイズでありながら、

550種ものバラを掲載しております。

とにかく圧巻の情報量。

 

 

内容紹介

 

現代バラの品種は、ピンク系や赤色系、オレンジ系のように

色分けで載っています。

また、現代バラ以外の、

ミニチュア系、イングリッシュローズ、

オールドローズ、野生種は、

別の章に分けて載っています。

 

 

掲載されている全部のバラに写真がついており、

かつ、それら全部に

花形、花径、花期、作出者(社)、香りが

載っております。

※作出者(社)は、その品種を作り出した者(会社)の

ことです。

 

さらに、記述の量は少なめですが、

下記のコメントも併記してあります。

  • 開花に伴う色の変化
  • 株の性質
  • 耐病性
  • 耐病性
  • 名前の由来
  • 栽培上の留意点

※花によってどれかが書いてあったり

なかったりがございます。

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

その他にも、初心者向けに、バラの栽培についての

説明もついています。

  • 植え付け前の土づくり
  • 植え付け(大苗、ロングポット苗、新苗、輸入苗など)
  • 剪定(夏剪定、冬剪定、ベーサル・シュートの処理、選定のポイント)
  • つるバラの誘引く
  • 肥料
  • 水やり
  • 挿し木、接ぎ木
  • 病害虫対策(ハダニ、薬剤の作り方、まき方)
  • 実生・新花づくり

などのことが、全部写真付きで説明してあります。

著者が京成バラ園芸の社員ということもあり、

実作業が、作業途中の工程も含め、

写真付きで説明してあります。

 

 

巻頭のほうに載っている、

ルドゥテ「バラ図譜」から引用しているバラの植物画や、

さまざまなバラの新芽、実の写真と、

とにかく目を楽しませてくれます。

 

巻末の品種名からの索引も便利です。

 

 

少し難点としましては、製本が甘いのか、

しばらく使ってると落丁してしまいました。

どこかの本の感想欄にも同じようなことが書かれていたので、

もし購入された方は少し注意されたほうが良いかも。

 

 

以上、大変おすすめな本なのですが、

悲しいことに絶版になっているようで、

中古品か、本屋さんの在庫でしかないかもしれません。

 

もし、寄られた本屋さんで見かけたら、

手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓こちらをポチっとしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらもおまけで

人気ブログランキング

 

 

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

Be the first to comment

コメントを残す