ヨーロッパのフローリスト

ヨーロッパのフローリスト

 

今回は誠文堂新光社の 「ヨーロッパのフローリスト」 を

ご紹介します。

ページ数:127p

寸法:21.7 x 15 x 2.1 cm

 

 

概要

 

こちらの本は、ヨーロッパ各国の、様々なお花屋さんの、

店内風景と店主さんを紹介しています。

 

 

内容紹介

 

載っているお店は、

フランス(パリ)、ドイツ、イギリス、

オランダ、ベルギー、ノルウェーの、

全6ヵ国・25店舗で、

どちらのお店も個性たっぷりです。

 

 

各店10枚程度の写真で、

おしゃれな店内写真、

素敵なアレンジメントとブーケ、

店主さん・店員さんも写っており、

そのお店の雰囲気が伝わってくるようです。

 

 

また、各店の店主さんとのQ&Aも載っており、

お花やお店に対するこだわりや思いがわかります。

 

 

おもしろいもので、

国によってもお店の雰囲気が違うように感じます。

もしかしたら、あえてそういうお店を取材されているのかも

しれませんが。

あと、個人的な感じ方ですが、

やっぱりフランス(パリ)の男性の店主は、

キザっぽく、そしてかっこよいです。

 

どのお店も個性的で、

純粋にお花だけのお店だったり、

雑貨とあわせてコーディネートしていたりと

いろいろですが、

特に、鳥の巣とバッグの飾ってあるお花屋さんは

衝撃的でした。

しかも鳥の巣の数、結構多い。

 

あー、お花屋さんって、こんなに自由でもいいんだな~、

と感じました。

 

 

最後に

 

これからお花屋さんを目指されたり、

いつもと違うお部屋の飾りつけをしたいという方は、

読んでみると面白いかと思います。

 

↓↓↓こちらをポチっとしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらもおまけで

人気ブログランキング

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

Be the first to comment

コメントを残す