盆栽時間-はじめての鑑賞入門

盆栽時間

 

今回は山と渓谷社の「盆栽時間-はじめての鑑賞入門」を

ご紹介します。

 

ページ数:143p

寸法:21 x 14.6 x 1.2 cm

 

 

概要

 

こちらの本は、盆栽の楽しみ方を、様々タイプの盆栽の写真を使って

教えてくれる本です。

 

全7章で構成されており、盆栽の楽しみ方から、

実際にちょっとした盆栽の作り方も紹介されています。

 

 

内容紹介

 

まず、1~3章で盆栽の種類や形、見方、目の付け所を説明しています。

盆栽の表情を決める、

  • 根ばり、こけ順、幹肌
  • 枝、葉、花、実
  • 水吸い、舎利

について説明と見どころが述べてあります。

 

盆栽のかたちも、

  • 模様木
  • 直幹、斜幹
  • 株立ち、双幹
  • 文人木、懸崖
  • 箒立ち、根連り
  • 根上がり、石付き

などについて説明と見どころが述べてあります。

どれも写真付きで分かりやすいとともに、参考写真がきれいです。

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

4章では、世界的に著名な盆栽作家・木村正彦さんと、

数々の賞を受賞されている、小品飾りの名手・加藤正男さんの

盆栽に対する考え方や、作品が紹介されています。

 

 

5章では、実際に簡単な盆栽を自分で作って

楽しんでみようということで、

1000円で作れるカンタン盆栽が紹介されています。

また、一緒に飾るオリジナル掛け軸のつくり方も

載っています。

 

 

6章は盆栽図鑑となっており、様々な品種の樹や花などの盆栽が

紹介、説明されています。

  • 松柏-黒松、真柏、赤松、杉、一位、五葉松、杜松、石化ひのき、錦松
  • 葉もの-榎、楓、縮緬かずら、山もみじ、にれ欅、におい楓、いぼた、欅、はぜ
  • 花もの-野梅、紅梅、土佐水木、れんぎょう、屋久島ノイバラ、長寿梅、さるすべり、さつき、金雀花
  • 実もの1-まゆみ、梅もどき、姫りんご、うぐいすかぐら、青葛藤、ピラカンサ、小姓梅、寒ぐみ、さるなし
  • 実もの2-紫式部、梨、あけび、こまゆみ、ずみ、美男かずら、ブルーベリー、つる梅もどき、がまずみ
  • 草もの-丹丁草、砂苔、蒙古ひとつば、ときわしのぶ、風知草、いたどり、せきしょう、つくしからまつ、小隈笹

 

 

7章は、全国の盆栽園が住所と電話番号付きで載っています。

 

 

盆栽といえば松の盆栽くらいしかイメージがなかった管理人ですが、

一口に盆栽といってもいろいろな種類があることを知りました。

特に実ものの盆栽は、写真自体がきれいということもありますが、

色鮮やかで、とても見栄えがするなあと感じ入りました。

 

皆様も、本書を手に取って奥の深い盆栽の世界の楽しみ方や

新しい盆栽と出会ってみてはいかがでしょうか。

 


 

↓↓↓こちらをポチっとしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらもおまけで

人気ブログランキング

 

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

Be the first to comment

コメントを残す