越後の棚田

越後の棚田

 

今回は東方出版の「越後の棚田 原風景に佇むとき」を

ご紹介します。

 

ページ数:163p

寸法:26.2 x 25 x 2.2 cm

 

 

概要

 

こちらの本は、新潟県の山間の棚田の風景を、

1年を通して写しているカラー写真集です。

 

 

内容紹介

 

春来るもまだ雪の残る4月から始まり、

雪解けの始まりに春の訪れを感じさせる3月まで、

四季折々を写真に収めています。

 

 

印象的なのは、表紙にも載っておりますが、

様々な朱色に染る棚田。

朝焼け、夕焼け、さらに時間や場所が異なると、

全く違う顔となる。

 

 

私のお気に入りは、

まだ薄い雪が周囲を白く染める12月、

朝早く薄暗い中、棚田の水面を

朝焼けが朱く染めている風景写真です。

見開き2ページ(横幅50cmほど)の

大きな写真は、とても心に残ります。

 

 

そのほかにも、まるで日本昔話に出てくるかのような、

懐かしく、優しく、けど厳しい山間の生活を感じさせる

写真にあふれています。

 

 

写真家であると同時に、

棚田保存の運動もされている

著者の山本さんは、

新潟の200以上の市町村を回り、

2年余りかけて写真を撮影されたそうです。

 

著者の棚田に対する思いの詰まった写真集となっています。

 

↓↓↓こちらをポチっとしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらもおまけで

人気ブログランキング

 

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

Be the first to comment

コメントを残す