野の花を活ける茶花十二か月

野の花を活ける十二か月

 

今回は文化出版局の「野の花を活ける茶花十二か月」を

ご紹介します。

 

ページ数:209p

寸法:21.6 x 15.8 x 1.8 cm

 

 

概要

 

こちらの本は、その四季折々の野の花を、

趣のある花器に活けた茶花を紹介しています。

また、野の花の名前と、活けてある器の名前も

併記してあります。

 

 

内容紹介

 

タイトルにある通り、

10月から一年巡って9月まで、

1月につき約20作品ほど載っております。

花や実、草木を使い、

実に季節感あふれる作品が並んでおります。

 

 

また、花器も様々なものが使われており、

瓢掛け花入れから始まり、

種壺、首長壺、破れ壺、水瓶、花瓶、蛇鞘籠、虫籠、

土器、船形水盤、角盥、手桶、古銅閼伽桶、徳利、

火器、薬研、一重切、二重切、水注などなど

多岐にわたっております。

 

全くの素人でもある私などは、

須恵器の革袋や(はぞう)などは存在自体を初めて知り、

世にはこういったものがあるのだなあと驚きました。

 

 

なお、それぞれの月の終わりには、

その季節の茶菓子が紹介されています。

 

 

茶会の際は、こちらの本を参考にすると、

お客様もより一層季節を感じて

お茶を楽しめるかもしれませんね。

 

↓↓↓こちらをポチっとしていただけると励みになります
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
こちらもおまけで

人気ブログランキング

 

スポンサーリンク スポンサーリンク
 

Be the first to comment

コメントを残す